沿革

1929年4月1日

先代社長今村理一が、個人経営の今村プレス製作所を創立し、通信機関係のスイッチなどのプレス部品を製造、また、その狐崎電機(古河系列)の協力工場として可変抵抗器の製造に着手し、日本での草分けとなる。

line

1939年7月1日

企業の拡大に伴い、合名会社今村精機製作所に改組、同時に当時の国策に従って機械部門を併設して日産自動車の航空機部品製造に着手する。

line

1945年8月15日

終戦と同時に機械部門は閉鎖し、可変抵抗器の製造販売に専念して、ツバメのブランドでスタートする。

line

1950年1月27日

可変抵抗器の製造販売には、今村精機製作所の名称では親しみにくいので、「ツバメ無線株式会社」とブランド名を取り入れた名称に改め、資本金210万円の株式会社に改組する。

line

1958年6月1日

資本金 420万円に増資。

line

1959年8月1日

トランジスターラジオのブームに伴い、需要がまかないきれず、大森東一丁目に本社工場を新設する。従来からの工場は「東京工場」とする。

line

1959年10月30日

資本金 840万円に増資

line

1962年7月30日

資本金 1000万円に増資。

line

1962年9月14日

先代社長の死去に伴い、長男の今村昌雄が二代目社長に就任する。

line

1963年10月1日

資本金 2000万円に増資。

line

1964年6月1日

米国GE社よりの需要増大に伴い、群馬県庁の所在地、前橋市に「前橋工場」を新設する。

line

1966年10月1日

米国のカラーテレビとトランジスターラジオの異常な需要、そして、人手不足に悩まされ、労働力の豊富な東北へと進出し、福島県いわき市に「勿来工場」を新設する。

line

1968年3月4日

資本金 3000万円に増資。

line

1970年7月3日

資本金 4000万円に増資。

line

1979年12月17日

韓国ソウル市の興倉物産株式会社に技術援助契約を行う。

line

1982年3月15日

円高で輸出が激減し、勿来工場を閉鎖。

line

1982年7月26日

本社を群馬県前橋市上大島町220番地の前橋工場内に移転。リストラを完了する。

line

1984年3月30日

中国大連市の遼寧電位器廠に技術援助契約を行う。

line

1986年4月3日

インド、カンプール市のK.L.INDUSTRIES LTDに技術援助契約を行う。

line

1988年6月10日

中国東莞市に中国ツバメ無線(委託加工)をスタートさせる。

line

1990年7月27日

東京営業所のツバメビルを新築する。

line

2002年2月5日

前橋市長より、工業振興企業として表彰される。

line

2007年10月

インド、カンプール市のCarpo Electroniks LTD.に外注加工を委託

line

2010年8月10日

ベトナムホーチミン市タントゥアン工業団地に自社工場を設立。

line

2012年11月27日

関東地方発明表彰で当社薄型スリップリングの特許貢献により発明協会会長奨励賞を受賞しました。

line

 


 ホーム  |  企業概要  |  製品紹介  |  お問い合わせ  |  アクセス  |  サイトマップ